新築の建築から中古不動産の売買まで、住まいの事なら創業40年の信託ホームへ!

http://www.shintaku.jp

トップページ ≫ 注文住宅
  • 信託ホーム 注文住宅
  • 信託ホーム 注文住宅
  • 信託ホーム 注文住宅
  • 信託ホーム 注文住宅
  • 信託ホーム 注文住宅

企画住宅 物件情報

企画住宅

ご家族の希望に応じた、共に作る注文住宅。
「注文住宅」と言うと価格が高いというイメージを持ちがちですが、当社は皆様の「夢」を実現していただくため、よりデザイン性・機能性・居住性・そして何よりも価格にこだわりました。
40年間の新築工事実績と、数千棟にものぼるリフォーム工事実績の経験を基に、経験豊富なスタッフが「住み手側に立った」目線で注文住宅を築きあげていきます。
ご予算に合わせた設計や構造・間取り・仕様など、一からお打ち合わせをさせて頂き、皆様の家族設計にを具体的な形にしていきます。
『注文住宅は高い』というイメージを払拭するため、工事業者・メーカーの協力のもと、低価格・高品質を実現することが可能になりました。
この機会にご興味のある方は、そっと扉を開けて覗いてみて下さい。

風と光のデザイン

風をデザインした家作り

北海道の暮しに、本当にエアコンが必要なのでしょうか?
北海道で、本当に蒸し暑く寝苦しい夜とは何日あるのでしょうか?
エコロジーを強く呼びかけられる昨今、北海道の暮しにエアコンは贅沢かもしれません。
信託ホームの注文住宅は「1室2窓の間取り」設計で、風通りが良いお部屋をご提案しております。
風の通り道が分かれば、風をデザインすることができるのです。

光をデザインした家作り

太陽光の熱は、最も身近で経済的なエネルギー資源です。
しかし、冬が長い北海道の家の設計は「高気密・高断熱」を重視する余り、窓が少なく、小さい設計が多いのが現状です。
当社は気密性を上げるだけの設計ではなく、冬の陽射しの特性をうまく利用し、日射を室内に直接取り込んで熱を蓄える「ダイレクトゲイン」という方法で、壁や床など日差しで温め蓄熱させ省エネ暖房効果を得る方式を採用しております。
しかし、夏は、冬とは逆にいかにして熱を室内に入れないかで涼しさが決まりますが、省エネ住宅は断熱性が高い為、夏場は室内に侵入した熱が外へ出難い構造となっています。
そこで、当社はデマンドコントロール型換気を採用し定量換気という考えではなく、換気のニーズに合わせ必要なときに必要な量を自動でコントロールすることができる換気方式をとっており、無駄な換気を行わない、ランニングコストが安く、熱交換換気と比べ省エネ効果も高いアイテムも標準装備してます【注文住宅】
人間にとって太陽の光は、とても重要なエネルギーであり、ビタミン剤です。
当社は、窓からの光と風をデザインする事で、明るく快適な住空間を演出してます。

信託ホームの設計ルール

設計ルール
生活に密着する「動線」

動線とは、建物の中を、人が自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたものです。
この動線が悪いと日々の生活の中で色々な問題が発生してしまいます。
信託ホームでは、設計の段階から行動パターンを予測して、使い勝手や音の問題などメリット・デメリットを明確に伝える事でお客様に判断して頂くようにしております。
平面図上だけの打ち合わせでは伝わりづらい箇所も、専用ソフトを利用した3Dシュミレーションで打ち合わせをさせて頂いております。

ネダレス工法 安心の「構造設計」
構造に関しては木造(在来軸組/枠組壁工法)・混構造・RC構造など各種工法を採用しておりますが、信託ホームがお薦めする工法に木造在来「ネダレス工法」があります(木造三層可)。
軸組が持ってる地震時の剛性の良さと、横ゆれに強い床が特徴です。
そこに集成材という木材(狂いが少なく強度も通常の無垢材の1.8倍の強度)を使用しております。
その木材を包み込む構造材は高耐震性、防火性、防腐性、防蟻性に優れている、大建工業社製のダイライトを使用しております。
また、透湿、防水、遮熱シートはデュポン社製タイベックシルバーを使用しており、夏涼しく、冬暖かく快適な住まいをお約束いたします。

企画住宅
ネダレス工法とは?
従来は根太という細い木を構造の梁材の上に取り付け、その上に床材を張っていました。
梁・桁材(太い構造材)を910ピッチで細かく入れ、梁・桁材の上に24ミリの構造用合板を張ります。
水平剛性を強くする事で、耐震強度を高める工法になります。

設備仕様

オープンハウス

オープンハウス

オープンハウス

生活に密着する「動線」
信託ホームでは、毎週土曜・日曜・祝日にオープンハウスを開催しております。
まずは、見て、触って体感して頂きたく思います。
風や光を感じると共に、動線や使い勝手、広さなどが実感できるかと思います。
また、建売であっても、注文住宅に使用されている素材や建材、住宅設備機器、オリジナルな仕様なども一度手で触れてみてはいかがでしょう?
百聞は一見にしかずです。 オープンハウス情報はこちら

実例フォトギャラリー

PAGETOP