注文住宅

注文住宅_メインイメージ

こだわり①【土地へのこだわり】

「地盤調査・解析」

 

家づくりは土地から始まります。

"千里の道も一歩から"ということわざがあるように、家づくりにおいても土地はとても重要な第一歩となります。

念願のマイホームを購入する際、多くの方は立地に目が行きがちで「土地への"質"」への意識は低いのが現状です。

私たちは第三者機関に依頼し、住宅建築に適した「スウェーデン式サウンディング試験」という方法を採用しています。

地形や立地条件から土地状況を読み、建物を支える力や支持力の有無など、様々な角度から地盤の強度を調べます。

建築予定地の複数のポイントから地盤データを採取し、地盤強度の偏りや深さごとの土の性質を調べ、さらにそこから得られたデータをあらゆる要素で徹底的に解析するのです。

「地盤の補強・改良」

 

地盤解析の結果に基づき、支持力のない場合には補強を行い、地盤によっては地盤にあった改良を行います。

私たちは、この北海道の土地の状況に応じた適切な基礎補強工事や地盤改良工事を抜かりなく施した上で家を建てるのです。

こうして、住宅の建つ地盤に関するあらゆる不安を取り除きます。

「地盤の保証」

 

信託ホームの土地へのこだわりの極めつけが"保証"です。

当社では、第三者機関による地盤評価と20年間の品質保証が付いています。

北海道での安心・信頼の証として、また万が一の時にも万全の備えとなっています。

こだわり②【技術へのこだわり】

「職人の確かな技術」

 

いくらこだわりの材料を揃えていても、「いい家」になるかどうかは、それを扱う「職人の技」にかかっていると言えます。しかし、技術だけでもいい家はつくれません。

そこで私たち信託ホームは技術面はもちろんのこと、礼儀や責任感を持ち合わせた人材を育成し、優れた技術を持つ職人集団「信匠会(しんたくかい)」を結成しています。

この選ばれた職人たちの「確かな技」によって生み出される"作品"こそが、信託ホームの「住まいづくりのこだわり」の象徴なのです。

こだわり③【保守へのこだわり】

「職人の確かな技術」

 

家づくりで本当に大切なこと、それは住みはじめてからも「いい家」であり続けることです

信託ホームでは、自社リフォーム部門の担当者

がお家の引き渡し後のアフターメンテナンスや、リフォーム、エコ商品の導入などを請け負っています。定期巡回による点検に加え、台風などの災害時の補修対応まで、手作りである信託ホーム自らが行うことで、安心の保守を実現しています。

注文住宅_アフターメンテナンス